ハトポッポ運動で大胸筋を鍛える!

MENU

ハトポッポ運動で大胸筋を鍛える!

鳩ぽっっぽウォーキングと名付けています。

胸襟ではなく、胸を開いて大胸筋を鍛えるアンチエイジングをご紹介させて頂きます。
アンチエイジング18
費用はいっさいかかりません。家の中で行う事も出来ます。

 

先ずは胸を反らします。両肩を背中の真ん中に近づける感覚で最大に胸を反らせます。

 

この状態を普段の生活やウォーキングに取り入れていきましょう。
胸の筋肉が鍛えられますので、バストアップに役立ちます。
姿勢よく歩きますことで腹筋を鍛えることにもつながります。

 

何時ものウォーキングからさらにアンチエイチングできるウォーキングにレベルアップできるのでお得です。

 

しかし、胸をや肩を非常に反らせていますからハトポッポの様に姿勢が良すぎる歩き方となります。
人通りが多い場所では、ちょと普通にウォーキングを致しまして、人通りが少ない場所に参りましたらハトポッポウォーキングで筋肉を気持ちよく鍛えてみましょう。

 

肩こり解消にもつながりますのでとても気持ちよいストレッチとしても重宝します。
慣れましたら病みつきというくらい簡単でアンチエイチング出来る方法です。

 

ただし、デスクワークなど座った状態で上半身を反らして作業しますと腰痛の原因になりますので気を付けましょう。

 

腰痛になってしまいましたらウォーキングを楽しむことが難しくなってしまいますから座っている時の姿勢には無理をしないように心がけておきましょう。

 

独りきりで座っている状態で出来ますアンチエイジング方法の一つに口角アップストレッチがあります。

口角をぎゅっと上げておくという簡単な方法ですが、これが表情の老化を防ぐとても有効な手段なのです。
こちらも、人目がありましたら難しい方法です。
アンチエイジング17
人目がある時、自然な微笑みが口元にあるように、口元の表情が更けてしまわないように独りきりの時に口角を最大限に上げて練習しておきましょう。

アロエを使った手作り品でアンチエイジング

アロエはケガや火傷の症状回復に効果があると言われ、一家に一鉢というくらい大ブームとなった時期がありました。そのため、アロエには薬として使われる植物というイメージがあると思いますが、実はアンチエイジング効果の高い植物で、化粧水などに使うだけではなく、食べることで効果を得ることもできます。

アロエの種類としては、世界的にはアロエベラが有名ですが、日本で一般的に栽培されているのはキダチアロエです。

 

サプリの成分として使用されていることもあります。
アンチエイジング16

アロエを使ったアンチエイジングで一番のおすすめは手作りの化粧水です。

ネットで検索するとすぐに見つかり、精製水とグリセリン、そしてアロエというシンプルな材料で作ることができます。アロエベラを使う方が効果が高いようですが、キダチアロエでも十分です。

 

アロエのエキスには老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、コラーゲンの生成を促す効果もあるので、肌にハリが出てきます。保湿効果も高く、また使い続けることで美白効果も出てきます。

 

アロエ化粧水を作る際に注意することは、消毒をしっかりすること。少し手間はかかりますが、高価な化粧品を使わずともしっかりとアンチエイジング対策ができます。

 

アロエを食用として利用する場合は、ジュースにすることが多いです。

そのままだと少し苦みを感じるので、蜂蜜とレモンを混ぜて作っています。
アンチエイジング15

アロエの葉を皮が付いた状態のままよく洗い、おろし金でそのまますりおろし、水、蜂蜜、レモンを加えるだけです。

 

すりおろしたアロエの原液は二日酔いにも効果があるそうです。皮ごと使うので緑色のジュースになりますが、気になる人は、皮をむいた半透明の中身だけを利用してもよいと思います。アロエジュースには、美容効果だけでなくお通じ改善の効果もあります。飲み過ぎるとお腹が緩くなってしまうので要注意です。

 

アロエは丈夫で栽培しやすい植物なので、アロエを使ったアンチエイジングはかなりおすすめです。